スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山口 秋吉台 岩空

15_20120710095001.jpg


Michita / ソラニシラレヌ feat.meiso a.k.a. 外人21瞑想



Michita / ソラニシラレヌ feat.meiso a.k.a. 外人21瞑想
Michita / Twp (album収録)


足跡ひとつない美しさ 歩けば残されぬ泥水しか
音飲み込み白く塗りたくる 空に知られぬ雪が降る

振り返ればそこに聳える黄金期 触れることのできぬ象牙の塔
記念日の記念碑 神々しい地球上
皆の前見守られ 今も風に散るところ
聳える黄金期 触れることのできぬ象牙の塔
記念日の記念碑 神々しいシルエットの影
線路無くした今日が瞑想

恋わずらい 動悸 息切れ眩暈 でも快楽が恋愛に潜在
火傷しないほどの温度の蝋燭 アメとムチ 陰と陽 変態の法則
雷打たれたかのような刺激 静かな仕種が心臓一撃
窓の外ばかり気づけば見てる 同じシーンばかり夢に出る
同じ星 同じ時に生きる奇跡 宇宙を止める口づけの使命
だが恋の病は不治ではなく 情熱の泉もカラカラに渇く
脱水症状 紙やすり砂漠 擦り切れた心が蜃気楼を探す
飲めば飲むほど喉は渇く 思い出のオアシスは海水の麻薬


オルゴールが回転を止めるまで 夕陽が家路を染めるまで
最後の薪が燃えるまで いくら何飲んでももう酔えぬまで
鮮やかな色のすべてが褪せる シャッターボタン震えて押せぬ
掴んだ手のひらをすり抜けていく 砂時計の山頂はまた揺れている

むかしむかし そのまた昔 愛は信用できるヤツだったらしい
愛はヒトの心を見せた 喜ばす喜びを知れた
愛を通した世界は美しく 愛は宗教 俺は愛の枢軸
二人のボートで漕いでまわった 世界は俺らの手の中
君も一度そう感じたはずだ しかし乗り換える時がきたんだ
あなたの去った船底に穴が でも沈む船を手放せなかった
方位磁石狂った暴走ボート 折れたオール あぶく残し絶つ消息
汚れた己のどん底へと 足を引く記憶は金の延べ棒

オルゴールが回転を止めるまで 夕陽が家路をを染めるまで
最後の薪が燃えるまで いくら何も飲んでももう酔えぬまで
鮮やかな色のすべてが褪せる シャッターボタン震えて押せぬ
掴んだ手のひらをすり抜けていく 砂時計の山頂はまた揺れている


足跡ひとつない美しさ 歩けば残さぬ泥水しか
音飲み込み白く塗りたくる 空に知られぬ雪が降る

星も夢見る空から 絶望沁みこむ砂など
笑顔の写真立てまで 思い出の引き鉄
いずれ思い出処置求める 永久午後(?)
梅雨の夜 愚か者のすること
自作シナリオ 期待にも裏切られ
神よこの痛みは一体何故

美しい旋律の余韻 金縛りと耳鳴り
忘れたい日々ほど 耳元で響くもの
ダイヤモンド落とすと砕けたバラバラに
遠い星の瞬き 永遠の輝き
悲しみ紛らわし馬鹿騒ぎ 
しかし独り家に帰れば寂しさがのしかかり
目を瞑るが眠りにつくこともできず
凍てつく 震え じめったシーツ丸くまるまるのみか

振り返ればそこに聳える黄金期 触れることのできぬ象牙の塔
記念日の記念碑 ゆっくりと映像 神々しい地球上
皆の前見守られ 今も風に散るところ
朝日が灰色の街のヴェール上げ だちの髪と同じ金に染める

涙もあり しかし命短し 季節変わる ほら雲間に光


オルゴールが回転を止めるまで 夕陽が家路を染めるまで
最後の薪が燃えるまで いくら何飲んでももう酔えぬまで
鮮やかな色のすべてが褪せる シャッターボタン震えて押せぬ
掴んだ手のひらをすり抜けていく 砂時計の山中はまた揺れている

足跡ひとつない美しさ 歩けば残されぬ泥水しか
しかしその水で草木が育ち 花咲かし木の実もたらし
落とす枯れ葉 残す土をつつみ込む 降り注ぐ月よ
砂時計の山頂白く塗りたくる 空に知られぬ雪が降る


michitaのソラニシラレヌ、どうでしたか?
ぼくのブログでは結構J-HIPHOPをおすすめしてるんですが、余り反応がないです。
結構ちゃんと聴いてもらえるといい曲なんだがなー。
やはり10年くらい前のJ-POPの中のヒップホップの印象が強いんだろなー。
ここ数年、インディーズやアングラでは日本語の韻を重視した美しいリリック(歌詞)がメインストリートになりつつあります。
ブルーハーブの影響が強く出てる流れですが、その中でもSHINGO2やこのMichitaなど歌詞が全て日本語で構成されてるアーティストが多くいます。
またロックにはない地方の拠点を重視した活動も非常に好感が持てると思うし、ライブも結構気軽に行けます。
(ぼくの浅い知識ですが、神門が神戸、ブルーハーブが札幌、LTSが水戸などなどetc...)
また10年前のBーBoyブームも現在は結構下火になりつつあるので、服装もジーパンにTシャツな普通の格好のラッパーも増えてます。
まぁこの辺のHIPHOP事情はさておき、単純に歌詞がすごく綺麗です。
本場米国のリリックはどうしても社会派な歌詞(環境・差別・反戦など)が多い反面、ここ日本ラッパーの歌詞は
季語や想像の世界を書いたものが多いです。
これは「俳句」がある日本ならではないかなーと勝手に思っていますが・・w
(あとアニメやゲームの世界観が身近なのもあるかもw異世界的な歌詞も多いです)
グダグダと書きましたが、J-HIPHOP、写真を撮るうえでの想像力というものが刺激されていると感じます。
このソラニシラレヌの世界も想像するといろいろおもしろい「絵」が浮かんできます。
この浮かんだものを写真にどう収めるか、それが結構ぼくには面白いですw
ぼくはいつも廃墟撮影のドライブではHIPHOPです。
(一人の時に限りますがw)
興味があれば気軽に言ってください。
いい曲かけますよーw
って、なんだかんだで今週は音楽更新になっちゃったなー(´・ω・`)
ちょっと連休はお休みします。

カメラ:k-7 レンズ:PENTAX SMC DA 40mm F2.8 リミテッド W/C 
*写真をクリックすれば少し拡大します(´・ω・`)

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
↑クリックしていただければ、たとえ廃墟で死すとも我が生涯一片の悔いもないでしょう(´・ω・`)




















スポンサーサイト
[ 2012/07/14 18:00 ] 日常写真 | TB(0) | CM(2)

ダミアンさん音楽のセンスいいよね〜(-^〇^-)
車に乗ったときいつも思うよ♫

自分は、音楽全くわからない人間なんで(/ω\)
クールポコ的に「AMラジオ!!!」なんですわ〜(゚∀゚ )
[ 2012/07/16 19:36 ] [ 編集 ]

怪祖さん>
いや~音楽は結構適当ですよーw
写真もですが・・(´・ω・`)
でもどの芸術も根っこの部分は創造力というか感性というかそういうものは一緒だと思うんですよ。
音楽と写真なら、こういうメロディに合う写真・こういう写真に合う音楽といった感じでw
あとCDのジャッケトとか結構好きなんで、ジャケットにするとカッコいいだろなーって写真を
撮るように心がけてますw
[ 2012/07/17 11:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://redcompany666.blog41.fc2.com/tb.php/419-5714e07f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。