スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

広島 人物HDR 自画像

IMGP6166_convert_20110405213444.jpg




『自震』


こんな夢をみる
目を上げると曇ったような白の天井
生きいそいだかのような血走った目をした科学者たち
疲れきった顔をしたもっと疲れきってクタクタな作業服を着たひとたち
ぼくを頭のうえで飛び交う言葉の応酬
特別な防護服を着込み
死んだ目をした生きた政治家が
ぼくに励ましの言葉をかける
その横で首輪をネクタイのように締めてる秘書官が薄く笑う

ボクハシンデモカマワナイカラ

月のない少し暖かい夜
ぼくは一人で原子炉に
あらかじめ備えつけてある発電機が照らす建屋
人の声も
鳥の鳴きも
魚の跳ねる音も
何もしないこの土地で
宇宙服のような防護服を着たぼくは
宇宙じゃなく地球でフワフワな心持ち
大きく歪曲したガラスのヘルメットを照らす緑の光
制御棒から漏れる緑の光

ボクハシンデモカマワナイカラ

馴れない溶接機を使って圧力釜を塞ぐお仕事
誰にでもできる簡単なお仕事です
(自給¥1,000~。歩合制)
ぼくはなぜここにいるのだろう
誰でもない誰かのためでもなく
地球のためなんかでもなく
ましてや守りたい人などいるわけもなく
ちょうどきっかり30分
溶接の終わった高さ10メートルの原子炉を見上げ
ぼくは倒れる
空には 町の光が消えて星がよく見える
薄く吐いた呼気で曇るヘルメット

ボクハシンデモカマワナイカラ

こうしてぼくは目覚めて
いまもまだ何もできずに震えている
震えたまんまこの詩を書いて
震えたまんまにテレビをつければ、相変わらずのニュース
ディスプレイの光がぼくの顔をあの緑の光のように照らすのを
ただ見つめながら
ぼくはどうすればいいのだろうか

ボクハシンデモカマワナイノニナ



~3月某日、福島原発のニュースを見た後~

カメラ:k-7 レンズ:PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6AL WR 撮影方法:RAW3枚撮り

byチャッキー
















にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
↑HDRブログいろいろ見れます(´・ω・`)
スポンサーサイト
[ 2011/04/10 18:00 ] ポートレート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://redcompany666.blog41.fc2.com/tb.php/59-33400c62


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。